顧問弁護士とは

顧問弁護士とは、おもに企業などの法人が弁護士や弁護士事務所と顧問契約を結び、一定の料金を定期的に支払うかわり、個別の問題の相談に関しては無料でおこなうことができる、という契約のことです。
また、その契約により顧問となった弁護士のことを指してこう呼びます。

企業、特に大企業の場合は、多くの社員や顧客を抱える関係上、トラブルやその不安は起こりがちです。
そんなときに活躍してくれるのがこの顧問弁護士です。

個別の案件が発生してから弁護士を探して相談するより、この顧問弁護士には大きなメリットがいくつもあります。

たとえばそのひとつが、社内の事情や業務の内容に、普段から精通している弁護士に相談することができるため、これらのことに関していちいち説明をしたりする手間や時間を省くことができる、ということです。

そして、そのほかにもメリットがあります。
顧問契約をしているため、そのときになってから弁護士を探すより、迅速に対応してもらうこともできるのです。

特に早い対応が要求される問題の場合には、ひときわ高い効果を発揮するのです。

また、社員の法務担当者も最低限で済み、多くの法務関連の内容をこの顧問弁護士に任せることができるため、法務関連業務のコストが削減できる、というのもこの顧問弁護士を抱えるメリットであるといえます。

そして毎回の相談に関しては無料でおこなうことかできるため、通常であれば、「わざわざ弁護士にお金を払って相談にいくほどでもない」というような内容でも、気軽に相談できるのです。

Copyright © 2014 顧問弁護士とは All Rights Reserved.